HANKY PANKY

BRAND HISTORY
大学教授だったLida Orzeck(リダ・オルゼック)は、働く女性=パンツスタイルで威厳を保つという時代だった当時、パンツスーツを愛用し教壇に立っていました。そんな彼女の悩みは、黒板に向かう後姿のパンティライン。視線が気になりGストリングスというラインが出ない下着を着用していましたが、食い込んでしまいとても不快…。この悩みを友人Gale Epstein(ゲイル・エプスタイン)に打ち明けたところ、器用な彼女は快適なはき心地でラインが響かないアンダーウェアをハンカチを用いて手作りでプレゼントしてあげました。その後、評判が広まりリクエストの声が高まったため2人は1977年に“Hanky Panky”を創設しました。
DESIGNER
リダ・オルゼック、ゲイル・エプスタイン
COLLECTION
アンダーウェアの概念を超えた豊富なカラーバリエーションはベーシックカラーに加え、 シーズンごとに発表される鮮やかなカラーも大きな魅力。 新しい美のかたちのデザインはメトロポリタン美術館のパーマネントコスチュームコレクションに 認定されたこともあるデザイン性の高さも評価を受けているアンダーウェアブランドです。