LONE ONES

BRAND HISTORY
1996年Leonard Kamhout(レナード・カムホート)とDevon Wheeler(デヴォン・ウィーラー)によって設立。90年代前半、クロムハーツの成功は、シルバーアクセサリー自体の存在価値を飛躍的に高めた。その初期メンバーで立役者の一人である彫金師、Leonard KamhoutとDevon Wheelerによる"LEONARD KAMHOUT(レナード・カムホート)"(※後にブランド名を変更)は、90年代後半のシルバーブームの中、そのクオリティの高さと、独自の世界観が脚光を浴び、名実ともにトップクラスとなった。2000年にはブランド名を"LONE ONES(ロンワンズ)"に変更。"LONE=孤独"、"ONES=個人の集団"の意味を持つブランド名は、独特な価値観と世界観をさらに追求していくという方向性を強く提示した。
コレクションは、"Mating Flight(メイティングフライト)"、"Kiss & Flow(キスアンドフロー)"、"Basic Nature(ベーシックネイチャー)"の3ライン。設立当初からの"Mating Flight"、2000年にリリースされた"Kiss & Flow"、2010年からスタートした"Basic Nature"はそれぞれ個性的なコンセプトと斬新なアイデアに富んだ提案です。
DESIGNER
デヴォン・ウィーラー
COLLECTION
ブランド最高傑作のコレクション、「メイティングフライト」新作コレクション。ロンワンズのアイコンである"鳥"を刻み込んだバックルや、ブランド初のプロダクトである大きな天然石をあしらったリングなど、これまでの「ロンワンズ」には無い新たなイメージをもたらす秀逸なバリエーションが登場。ロンワンズの特徴的な彫金技術によって作られる滑らかなシルバーに、鮮やかなストーンがセットされることで新たな魅力を生み出した珠玉の新作コレクションです。