TARO WASHIMI

BRAND HISTORY
2009年 “Taro Washimi”を設立。インディアンジュエリーの技法を用いたオリジナルスタイルのジュエリーは、ワックスを一切使用せず、全て彫金作業での製作。棒状または板状の銀から削り出し、1つ1つ手作業で彫り込んでいく。躍動感溢れる造形や、流れる様な美しい曲線、動きのあるデザイン、付け心地の良さも計算し、創り出すその高い技術と繊細で美しさを放つ作品は国内外問わず評価の声も高く、幅広い年齢層に愛されている。
DESIGNER
鷲見太郎
COLLECTION
作品の中で多く使用されるオパールは、空気、空、氷、雪、全てがスカイブルーで包み込まれるマイナス20度の雪山の透き通った美しい世界からインスピレーションを得ている。光や角度によって様々な表情を魅せる天然石をシルバーと組み合わせ更に魅力を引き出す。